下請けがあってこそ|農業の求人で日本の未来を支えよう|求められる仕事

農業の求人で日本の未来を支えよう|求められる仕事

女性

下請けがあってこそ

ヘルメットを持つ人

現場との懸け橋

土木の業界は大手のゼネコンなどが仕事を請け負って、その工事について多くの下請けの人たちが、一緒に工事を行っていくという業態を持っています。いくら大きなゼネコンが仕事を取ったからといっても、下請けの人たちがいなければ工事が進んではいきません。工事を持ってきた業者と、下請けの人たちを結んでいるのが現場監督になります。現場監督は現場に入って下請けの人たちに支持を出して、工事をスムーズに進めていきます。一番現場に近い職務になりますので、現場のことをよく知っていなければなりません。また自分の会社ばかりでなく、派遣の人たちも下請けではいることもありますので、その人たちの指導も行っていかなければなりません。多くの工事を行う会社では、この現場監督の数が少なく多くの求人を行っています。

人材を育てる

土木工事の現場はきつい、汚い、カッコ悪いというイメージが定着してしまっていて、若い人たちがこの職業について長く定着しているといったことが、少ない業種です。ましてや現場監督になるためには、豊富な工事の経験が必要になってきます。工事を行う会社では、現場監督の求人を行って現場監督を育てていこうと考えてはいるのですが、なかなか入ってくる人が少ないのが現状です。工事を行っている会社では、最初に作業員として求人を行って現場でいろいろな体験をしてもらってから、いろいろな資格を取ってもらって、現場監督になってもらうという考え方で求人を行っています。各会社でも若いうちから人材を育てていこうという風潮が、高まってきています。